日銀短観

景況感3期連続悪化 大企業・製造業、景気足踏み鮮明 9月

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日銀が1日発表した9月の企業短期経済観測調査(短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が大企業・製造業でプラス19(前回6月調査はプラス21)となり、小幅ながら3期連続で悪化した。3期連続悪化は、リーマン・ショック(2008年9月)前後の07年12月~2009年3月に6期連続で悪化して以来、9年半ぶり。自然災害や原材料価格の上昇が景況感を下押ししたほか、米中の貿易戦争激化も重しとなった。長く…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

あわせて読みたい

注目の特集