メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

同性との交際公表、勝間和代さんの思い 社会変える「当事者可視化」 LGBT考えるきっかけに

勝間和代さん=東京都品川区で、根岸基弘撮影

 今春に同性との交際を公表した経済評論家の勝間和代さん(49)が、性的少数者(LGBTなど)に関する発言を続けている。欧米などと比べ、日本では根強い偏見から周囲に隠している当事者が多く、著名人のカミングアウトは驚きをもって受け取られた。その後も政治家らによる差別発言や、それを擁護する雑誌のキャンペーンが続いたが、勝間さんの姿に勇気付けられている当事者もいる。【藤沢美由紀】

 「私の願いは、全ての人が偏見や無意識な差別に遭わずにカミングアウトできること」

この記事は有料記事です。

残り2513文字(全文2740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 南海トラフ地震津波確率 和歌山、高知など5メートル以上「非常に高い」 初の推計発表

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです