メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

仕事仲間は首長竜=永山悦子

 小さい頃、東京・上野の国立科学博物館に何度も通った。中でも、入り口の恐竜化石の展示がお気に入り。手すりを握りしめ、恐竜研究者へのあこがれで胸いっぱいになった。ところが、そんなあこがれは、いつしかどこかへ……。

 「子どもの夢なんてそんなもの」と思っていたら、夢へ一直線に進んだ女性がいた。東京学芸大准教授の佐藤たまきさん(46)。恐竜と同時代にいた首長竜研究の第一人者だ。恐竜大好き少女だった佐藤さんは、苦手な数学や物理も歯を食いしばって勉強し、東京大理学部へ進む。国内で恐竜時代の大型爬虫(はちゅう)類の研究が難しいと判断すると渡米を決断した。

 転機は、15年前に研究を依頼されたフタバスズキリュウ。日本の首長竜界のスターだが、種の特定がされて…

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  4. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  5. 社説 菅原氏の贈答品問題 釈明するほど深まる疑惑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです