メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

仕事仲間は首長竜=永山悦子

 小さい頃、東京・上野の国立科学博物館に何度も通った。中でも、入り口の恐竜化石の展示がお気に入り。手すりを握りしめ、恐竜研究者へのあこがれで胸いっぱいになった。ところが、そんなあこがれは、いつしかどこかへ……。

 「子どもの夢なんてそんなもの」と思っていたら、夢へ一直線に進んだ女性がいた。東京学芸大准教授の佐藤たまきさん(46)。恐竜と同時代にいた首長竜研究の第一人者だ。恐竜大好き少女だった佐藤さんは、苦手な数学や物理も歯を食いしばって勉強し、東京大理学部へ進む。国内で恐竜時代の大型爬虫(はちゅう)類の研究が難しいと判断すると渡米を決断した。

 転機は、15年前に研究を依頼されたフタバスズキリュウ。日本の首長竜界のスターだが、種の特定がされて…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  3. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  4. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです