メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
論の周辺

ベストセラーが映す時代

 ベストセラーは時代を物語るものとして、よく取り上げられる。大正教養主義を代表する本といえば、何と言っても阿部次郎(1883~1959年)の『三太郎の日記』だろう。14(大正3)年出版で、大正・昭和期の「青春のバイブル」「知的青年の必読書」となり、今も読まれている。その阿部の評伝『教養派知識人の運命』(筑摩選書)を、教育社会学者の竹内洋さんが刊行した。長年、近現代日本のエリート教育や知識人の歴史を研究し、『教養主義の没落』『学歴貴族の栄光と挫折』といった話題作を放ってきた著者だけに、積年の興味の対象だったようだ。

 阿部は山形県に生まれ、旧制中学時代に校長と対立する「学校騒動」で放校処分となり、上京する。旧制第一…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1518文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  2. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  3. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです