メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

ベストセラーが映す時代

 ベストセラーは時代を物語るものとして、よく取り上げられる。大正教養主義を代表する本といえば、何と言っても阿部次郎(1883~1959年)の『三太郎の日記』だろう。14(大正3)年出版で、大正・昭和期の「青春のバイブル」「知的青年の必読書」となり、今も読まれている。その阿部の評伝『教養派知識人の運命』(筑摩選書)を、教育社会学者の竹内洋さんが刊行した。長年、近現代日本のエリート教育や知識人の歴史を研究し、『教養主義の没落』『学歴貴族の栄光と挫折』といった話題作を放ってきた著者だけに、積年の興味の対象だったようだ。

 阿部は山形県に生まれ、旧制中学時代に校長と対立する「学校騒動」で放校処分となり、上京する。旧制第一…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1518文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  4. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです