メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

イザイの新発見ソナタ初演 後世に残る美しい曲 バイオリン界に大きな影響

 ベルギーのバイオリニストで作曲家、ウジェーヌ・イザイの新たな《無伴奏バイオリンソナタ》が、今春、ブリュッセルで発見された。18日からイザイ生誕160周年記念として東京、福岡で開かれる「イザイ音楽祭ジャパン2018」(日本イザイ協会、ベルギー大使館共催)で日本初演される。バッハ《無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ》の旧約聖書に対し、新約聖書にも比せられる6曲のイザイの《無伴奏バイオリンソナタ集》に加えて新たにソナタが見つかったことは、バイオリン界に大きな影響を与えるだろう。

 この無伴奏ソナタは3楽章の構成で、今年、ベルギーのバイオリニストからブリュッセル音楽院図書館に寄贈…

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1339文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです