メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

POPSこぼれっ話

個性派女性サックス奏者

 秋風を感じると、情熱と哀愁の重なり合ったジャズサックスの音色が心にしみてくる。と、あたりを見渡すと、個性的な女性奏者が実に元気!! 異なるキャラクターの3人を紹介してみたい。

 最も正統的本格派が寺久保エレナ。この春「リトル・ガール・パワー」(キング)を初めて日本の仲間と発表した。曲はチャーリー・パーカーやホレス・シルバーなどのモダンスタンダードを中心にオリジナルやスティービー・ワンダーの曲を交えている。ピアノの片倉真由子、ベースの金森もとい、ドラムスの高橋信之介のリズムセクションは、寺久保同様、知識、技術、感性いずれも世界レベル。「伝統ジャズは実はクリエーティブ。まだまだ学びたいし極めたい」と力強く語る。

 赤と青のロングヘアに超ミニスカート姿と、寺久保と真逆のスタイルで耳目を集めるのがユッコ・ミラー。セ…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです