メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄席

落語協会真打披露 駒治見事な構成「鉄道戦国絵巻」=評・中村真規

 落語協会の5人の新真打披露興行の3日目、古今亭駒次改メ駒治の初日。鉄道マニア=鉄ちゃんで、著作もある。

 師匠の志ん駒は志ん朝が頭の古今亭一門、おじさん格として人望があった。他界したため、志ん橋門下となっての真打昇進、泉下の志ん駒師匠はさぞうれしいだろうと、先輩諸師の口上だった。

 真打披露の初日に何の演題を掛けるかは噺家(はなしか)の勝負どころだ。今まで、そしてこれからを表現する場。駒治はやはり『鉄道戦国絵巻』、出囃子(でばやし)も「鉄道唱歌」が流れて客席から手拍子が生まれる。

 東京の鉄道各線を戦国武将へと擬人化。その構成力が活(い)きる。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文659文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです