メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ケーナ

南米・民族音楽の縦笛で心動かしたい 船橋のYOSHIOさん、初CD /千葉

 南米の民族音楽・フォルクローレの縦笛「ケーナ」奏者のYOSHIOさん(48)=船橋市=が初のCDアルバム「Ending Breath Attack~突き抜けるケーナ~」を自主制作で発売した。「ケーナでどれだけ人の心を動かせるかチャレンジした。ぜひ聞いてほしい」と呼びかけている。

 YOSHIOさんは高校生の頃から独学でケーナ演奏を始めた。現在は予備校職員として働きながら新松戸や津田沼などを中心にライブ活動を行い、ケーナ1本の単独演奏会もしている。

 フォルクローレは「コンドルは飛んでいく」など哀愁のある雄大な旋律で知られるが、YOSHIOさんは力…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです