メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真集

銚子川の自然見つめて 「透明度が最大の魅力」 内山りゅうさん、出版 /三重

 写真家の内山りゅうさん(和歌山県白浜町在住)が紀北町を流れる2級河川・銚子川を撮影した写真集「青の川~奇跡の清流・銚子川」が「山と渓谷社」から出版された。25年前から銚子川に通い、数千点の写真を撮り続けている内山さんは「写真家として色や質感を表現するために本で表現したかった」と述べ、「極上の透明度を誇る川。いつまでも美しい川であってほしい」と話している。

 源流の大台ケ原から尾鷲湾まで、全長17キロの銚子川の四季を織り交ぜ128点の写真で構成。透き通った…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです