メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
京都サイエンスセッション

研究者×高校生語り合う 科学シンポ 見えないもの、見えるように /京都

 「科学ってなに?」「人工知能(AI)は人間を幸福にする?」--。世界最先端の研究を担う学者と高校生らが語り合うシンポジウム「京都サイエンスセッション2018」(京都大高等研究院主催、稲盛財団など後援)が9月17日、京都市左京区の京都大で開かれた。数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞や文化勲章、京都賞などに輝いた高等研究院の6人が、約500人の参加者と語り合った。聴衆の半数は高校生だった。

 シンポではそれぞれの研究者が子供時代の思い出や、科学を志した動機、科学に対する考えを話した。

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1340文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです