メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

「私たちの体 返して」 強制不妊の50年、手話演劇で描く 国賠提訴、夫婦2組の物語 /兵庫

提訴直前に上演された手話演劇「沈黙の50年」=神戸市中央区で、反橋希美撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術や人工妊娠中絶を強いられたとして、神戸地裁に国家賠償請求訴訟を起こした県内の夫婦2組の体験を基にした手話演劇「沈黙の50年」が提訴直前の9月下旬、神戸市内で披露された。聴覚障害のある俳優4人が手話を使って夫婦の心情を表現。「私たちの体を返して」という悲痛な訴えに、原告夫婦と約320人の参加者らが見入った。【反橋希美】

 神戸市で聴覚障害者のために福祉施設の充実を求めるグループが主催。国連の「手話言語の国際デー」(9月…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです