メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

停止中の原発なぜ冷やすの? 核燃料の発熱続く 一定期間は対応必要=回答・鈴木理之

停電で一時外部電源を喪失した泊原発=本社機「希望」から佐々木順一撮影

 なるほドリ 北海道で9月、最大震度(しんど)7の大きな地震があったね。運転停止中の北海道電力泊(とまり)原発(げんぱつ)(泊村)1~3号機では、非常用発電機(ひじょうようはつでんき)で核燃料を冷やし続けたと聞いたよ。どういうこと?

 記者 原発は普段、外部(がいぶ)電源という他の発電所の電気で運用しています。泊原発は再稼働(さいかどう)を目指し原子力規制委員会の安全審査中ですが、その間も電気で燃料があるプールに水を流し込み、燃料を冷やす必要があります。ところが地域全体の停電「ブラックアウト」で外部電源が一時的になくなり、非常用のディーゼル発電機で電気を確保しました。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです