メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潮45

事実上の廃刊 編集過程への具体的説明なく

「新潮45」10月号の特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」

 性的少数者(LGBTなど)擁護を批判する寄稿や特集に批判が集まった月刊誌「新潮45」の事実上の廃刊が決まった。発行元の新潮社(東京都新宿区)は謝罪をしたものの、佐藤隆信社長が声明で指摘した「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」とは何を指しているのか、どのような編集過程で特集が掲載されたのか、といった核心への具体的な説明を避けている。識者からは新潮社に検証やさらなる説明を求める声が強い。

この記事は有料記事です。

残り3139文字(全文3341文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです