メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潮45

事実上の廃刊 編集過程への具体的説明なく

「新潮45」10月号の特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」

 性的少数者(LGBTなど)擁護を批判する寄稿や特集に批判が集まった月刊誌「新潮45」の事実上の廃刊が決まった。発行元の新潮社(東京都新宿区)は謝罪をしたものの、佐藤隆信社長が声明で指摘した「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」とは何を指しているのか、どのような編集過程で特集が掲載されたのか、といった核心への具体的な説明を避けている。識者からは新潮社に検証やさらなる説明を求める声が強い。

この記事は有料記事です。

残り3139文字(全文3341文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです