メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺らぐ「戦後ドイツ」

/5止 大衆の不安、制御不能 メルケル政権レームダック化

夏休み前の記者会見に臨むメルケル首相=ベルリンで2018年7月20日午前11時31分、メルリン・ズグエ撮影

 凡庸な悪--。ドイツ出身の哲学者で、ナチスによるユダヤ人迫害を逃れ米国に渡ったハンナ・アーレントは、ナチスの犯罪を可能にしたのは悪魔や怪物のような強烈な「悪」ではなく、思考停止状態で体制に追従した人々の平凡な「悪」だった、と後に指摘した。ヒトラーとナチスによる扇動に、人々が応じ行動を取ったことがホロコースト(ユダヤ人大虐殺)につながったというのだ。

 では、人々を政治的な行動に駆り立てるものは何なのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1141文字(全文1347文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです