メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水道がないスマイさんの家では、雨水をかめにため、生活のために使う

 アジアの国々で教育支援を続けるNPO法人国境なき子どもたち(KnK)は毎年、11~16歳の日本在住の青少年を「友情のレポーター」として活動地に取材派遣している。

 今年の夏休みには、広島県の福田朱里(あかり)さん(15)と、東京都の落合愛友海(あゆみ)さん(16)が選ばれた。2人の取材地は、内戦を乗り越え経済発展を遂げながらも、いまだ格差が根強く残るカンボジアだ。KnKが現地で運営する自立支援施設「若者の家」では、15歳以上の青少年が職業訓練を受けたり学校に通ったりしながら生活を共にして…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです