沖縄県知事選

「自立と共生と多様性を」一夜明け玉城氏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

妻智恵子さんから「ここからが本当の始まりね」

 翁長雄志(おなが・たけし)知事の死去に伴う9月30日の沖縄県知事選で初当選した元自由党衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)は投開票から一夜明けた1日朝、沖縄市の自宅前で報道各社の取材に応じた。「県民の意識は、翁長氏が命をかけてでも守ろうとした『辺野古に新しい基地を造らせない』という遺志を継いでほしい、ということではないか」と述べ、改めて米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を阻止する決意を示した。

 玉城氏は知事選で、辺野古移設を進める安倍政権が支援した候補に約8万票の大差をつけて勝利。39万6632票の得票は沖縄県知事選で過去最多だった。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文951文字)

あわせて読みたい