メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニーク将棋駒

ハマチは成るとブリ 出世魚題材に

魚に見立てた将棋駒=山形県天童市内で2018年9月28日、深尾昭寛撮影

 王将はタイ、金将はマグロ、飛車のハマチは成るとブリ--。東京都中央区築地で9月22日に開かれた山形県天童市の物産PRイベントで、将棋駒に魚を当てはめたユニークな将棋が登場した。「日本の台所」とも呼ばれてきた築地市場で「天童のPRにつながるのでは」と特製の駒を作って披露し、来場者の好評を博したという。

     将棋を軸にした地域活性化策「コマノミクス」の一環で開発された、縦横6マスの「66将棋」の駒を魚に見立てた。天童市内の駒職人に制作を依頼。一枚一枚、丁寧に文字が書かれた「書き駒」で、大きく魚の名前が書かれ、その上に小さく「王」「銀」などと書かれている。飛車や角行のセイゴは出世魚で、敵陣に入って成り、裏返すとそれぞれブリ、スズキになる。一方、銀将のカツオ、桂馬のサケ、香車のヒラメ、歩兵のイワシは、いずれも裏面は鮨(すし)と書かれ、悲哀を感じさせる。

     天童商議所によると、イベント当日は会場の一角に「66将棋体験コーナー」を設け、魚の将棋セットは二つ用意した。体験コーナーは大盛況で、「面白い」と人気だったという。天童商議所は「遊び心で作ったが、良い反応で話題性としては成功かなとみている。今後、市内の寿司屋や鮮魚店などで駒を展示すればさらにPRできそうだ。魚以外を題材に制作するのも面白いかもしれない」と手応えを話している。【深尾昭寛】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
    2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
    3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
    4. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
    5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです