宜野湾市長選

前副市長の松川氏が初当選 安倍政権が支援

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選が30日、投開票された。普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設計画を進める安倍政権が支援した前副市長の松川正則(まつがわまさのり)氏(65)が、移設に反対する前県高校PTA連合会長で会社役員の仲西春雅(なかにしはるまさ)氏(57)を破り、初当選した。投…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

あわせて読みたい