メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア地震

死者832人確認 規模拡大の恐れも

 【高木香奈、パル(インドネシア・スラウェシ島)武内彩】インドネシア・スラウェシ島の中スラウェシ州で発生した地震と津波で、国家防災庁は9月30日、州都パルを中心に832人の死者を確認したと明らかにした。より震源地に近いドンガラでも大きな被害があったとみられるが、遠隔地のため救助活動は難航。ロイター通信によると、ユスフ・カラ副大統領は犠牲者は数千人規模になる恐れがあるとしている。

 人口約30万人のパル周辺は28日、マグニチュード(M)7・5の地震後に高さ約6メートルの津波が到達…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです