メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風24号

和歌山・田辺市付近に上陸

滑走路が閉鎖され、関西国際空港内のソファで横になる利用者ら=2018年9月30日午後0時43分、小出洋平撮影

 非常に強い台風24号は30日夜、和歌山県田辺市付近に上陸した。台風21号で被災し、21日に全面再開したばかりの関西国際空港は、滑走路を封鎖する厳戒態勢。大阪北部地震などの被災地では、不安な夜を迎えた。普段は外国人観光客らでにぎわう観光地は、人影もまばら。関西のターミナル駅周辺は、鉄道各社の計画運休や百貨店の臨時休業などで閑散としていた。

 「もう動いていないなんて」。JR大阪駅(大阪市北区)では、広島市の介護職の男性(32)が周辺案内図…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです