メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ふつう」に生きるということ

/7 自分のため みんなのため

 ぼくともだちの「かれ」は運動会うんどうかい大好だいすきです。はしるのが得意とくいかれは、毎年まいとしリレー選手せんしゅにえらばれ、クラスの代表だいひょうとしてグラウンドをかけぬけています。とくに去年きょねんは、かれの「ごぼうき」で優勝ゆうしょうりました、今年ことしもやるまんまんです。

     ところが! 選抜せんばつリレーのまえにある、クラスの全員ぜんいんリレーでタスキがあしにからまってしまい、かれおもいっきりころんでしまいました。

     かれのクラスはビリ。いたみなんて関係かんけいありません。くやしくて、なさけなくて、かれ教室きょうしつにもどっていていました。しだいに気持きもちもちついてきたのですが、みんなにもうしわけない気持きもち、ずかしい気持きもちでどうしたらいいかわからなくなったかれは、だれもいない教室きょうしつにかくれていました。

         *

     「あいつ、ころんじゃったけど、大丈夫だいじょうぶかな? さっきから見当みあたらないんだけど」

     なかよしのともだちはかれ姿すがたえないことが心配しんぱい様子ようすです。ちかくにいるおなじクラスのおんなおなじことをかんがえていました。

     「ころんで、ひざからめっちゃてたもんね。だいたいタスキがながすぎたんだよ。バトンにすればあぶなくないのに」

     2ふたり運動会うんどうかいよりもかれのことが心配しんぱいでしかたありません。こっそりおうえんせきをぬけだして、かれをさがしにいくことにしました。

         *

     ほどなくして、2ふたり教室きょうしつのすみっこでふさぎこんでいるかれつけました。

     「なんだ、こんなとこにいたの? みんな心配しんぱいしてるよ。おうえんせきにもどろうよ」

     きはらしたかれです。かれは、こえをふりしぼるようにいました。

     「おれのせいでけちゃったからさ。みんなになんてったらいいかわからなくて」

     2ふたりはビックリしました。

     「みんな、おまえがケガしたんじゃないかって心配しんぱいしてるよ。それにまだ選抜せんばつリレーがあるじゃん。おれはしるのすげー苦手にがてだから、られるだけでうらやましいよ」

     かれすこしホッとしましたが、すっかり自信じしんをなくしてしまった様子ようす不安ふあんそうにしているかれおんなおおきなこえいました。

     「去年きょねんのヒーローが今年ことしいてるのって、なんだかへんかんじね。もう一度いちどヒーローになるチャンスはまだあるじゃない!」

         *

     みなさんの学校がっこうでは宿題しゅくだいがでますよね。毎日まいにち毎日まいにち漢字かんじ計算けいさん練習れんしゅうをするのは、大変たいへんですが、勉強べんきょう自分自身じぶんじしん将来しょうらいのために役立やくだつ、とても大切たいせつなものです。

     おな大事だいじなものでも、運動会うんどうかい場合ばあい、ちょっとちがいます。自分じぶんたちのがんばりが、みんなのしあわせにつながるからみんなでよろこび、自分じぶんたちの失敗しっぱいが、みんなのかなしみにつながるから、みんなでへこむのが運動会うんどうかいです。

     そう。自分じぶん自分じぶんのためにあせをかく。みんながみんなのためにあせをかく。このふたつのがんばりでぼくたちの社会しゃかいはできているのです。

     たとえば、大人おとなたちはがんばっておかねをかせぎ、自分じぶん家族かぞくのために使つかいます。ですが、そのおかね一部いちぶは「税金ぜいきん」としてあつめられ、どこかでだれかのために使つかわれます。

     がんばってかせいだおかねが、ほかのだれかのためにりあげられる、そうけば、みなさんはいやな気持きもちになるかもしれません。

     でもみなさんは、授業料じゅぎょうりょうなしで学校がっこうかよえますよね。それは、大人おとなたちがはらった税金ぜいきん費用ひようがまかなわれているからです。きみたちのそだち、まなびは、大人おとなぼくたちのしあわせです。大人おとなたちは、みんなのしあわせにつながるからこそ、税金ぜいきんをはらっているのです。

         *

     きみたちが大人おとなになったとき、今度こんどは、きみたちが未来みらいどもたちのしあわせのために税金ぜいきんをはらうばんになります。おかねられるのは、だれだっていやなこと。でも、それがきみたちにとってもしあわせなことになるといいな、ぼくはそうねがっています。

     運動うんどう得意とくいもいれば、苦手にがてもいる。でも、自分じぶんてばみんながうれしい、みんなでてばみんながうれしい、それが運動会うんどうかい自分じぶんいたみそっちのけでともだちのためにかなしむ。自分じぶんたちがけるくやしさをわすれて、ともだちのケガを心配しんぱいする。そんな姿すがたていると、ぼくはほっこりした気持きもちになりますし、社会しゃかいもそんなふうになってほしいとおもいます。

         *

     「あれ? おしゃべりしているあいだに、逆転ぎゃくてんしてるじゃん。いそいでもどらないと」

     「おれはリレーられないけど、みんなと一緒いっしょおもいっきりおうえんするからね」

     「ありがとう! 今度こんど絶対ぜったいつよ!」

     みんながみんなのために。2ふたりをひかれるかれはすっかり笑顔えがおです。


     財政学者ざいせいがくしゃ井手英策いでえいさくさんが、社会しゃかい仕組しくみをものがたりをつづります。

    ぶん井手英策いでえいさくさん

     1972年生ねんうまれ。慶応大学経済学部教授けいおうだいがくけいざいがくぶきょうじゅども3にんのおとうさん。

    川辺洋平かわべようへいさん

     1983年生ねんうまれ。NPO法人ほうじんこども哲学てつがくおとな哲学てつがくアーダコーダだいひょう理事りじ

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
    2. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
    3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
    4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
    5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです