メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

災害で都市機能マヒ、盲点はどこに 無理な帰宅やめよう

大阪北部地震の影響で地下鉄と京阪電車が運休となり、徒歩通勤する人たちであふれる御堂筋=大阪市中央区で2018年6月18日、幾島健太郎撮影

 北海道の全域が闇に包まれた「ブラックアウト」、関西国際空港の長い機能停止--。ここ最近相次いだ災害は、地震や豪雨そのものの被害だけでなく、都市機能に与える影響の深刻さを見せつけた。東日本大震災や今回の台風24号の被害など災害は後を絶たず、五輪を控える首都・東京には大地震の可能性もある。だが、対策が十分とはとても言えない。盲点はどこにあるのか。【宇田川恵】

 「ブラックアウトなんて絶対起きないと言われていたのに、実際に起きてしまった。東京のような大都市は超…

この記事は有料記事です。

残り2416文字(全文2645文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです