メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶さん医学生理学賞 仲間守る統率力 楽団で幹事、学生運動も

京都大医学部時代の本庶佑さん(右端)=梅田文一さん提供の卒業アルバムから

 「親分肌で、見事な統率力」--。ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった京都大高等研究院特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)さん(76)は、ワインやゴルフの話で同僚をなごませる一方、研究では鋭い指摘で方向性を定め、優秀な弟子を多く育ててきた。受賞決定から一夜明けた2日も、若い頃から本庶さんを知る学生時代の同級生や知人らが祝福し、人柄を語った。

 京都大医学部の同級生で神戸市立中央市民病院の元内科部長、梅田文一さん(79)は学生時代を振り返り、…

この記事は有料記事です。

残り1822文字(全文2043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです