メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶さん、弟子への格言 研究、原石見抜け

 「ダイヤモンドをいきなり見つけるのではなく、光っていない原石のうちに見つけるのが研究の醍醐味(だいごみ)だ」。ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった京都大高等研究院の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授が弟子たちに説いてきたのは、有望な研究対象を見抜く目の大切さ。受賞を決めたたんぱく質「PD-1」の研究は、本庶さん自らが掘り出した“原石”だった。

 本庶さんの下で学んだ大学院生のころ、がんに関するPD-1の働きをマウスで初めて確認した日本医科大の…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです