北海道地震

鵡川高吹奏楽部、札幌山の手高定期演奏会にゲスト出演 地元会場被災、親交縁で実現 6日 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 胆振地方を震源とする9月6日の地震で、震度6強を観測したむかわ町にある鵡川高校の吹奏楽部が、地震から1カ月となる今月6日に、札幌コンサートホール・キタラで開かれる札幌山の手高校吹奏楽部の定期演奏会にゲスト出演することが決まった。

 札幌山の手高の演奏会に参加するのは鵡川高吹奏楽部員の7人。両校の生徒がそろって練習できるのは当日のみだが、札幌山の手高の部員が顔写真と一言コメントが載ったメッセージカードを送るなどして、親交を深めている。7人は緊張しながらも、演奏を楽しみにしてい…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

あわせて読みたい

注目の特集