子ども将棋会館

藤井聡太七段に続け 久喜に6日開館 市内在住の会社会長建設 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 将棋を学ぶ子どもたち専用の将棋会館が久喜市本町5に完成し、6日オープンする。同市在住で、住宅会社「ヒノキヤグループ」(本社・東京)の黒須新治郎会長が創業30周年を機に、「将棋の普及と地域への恩返しに」と約7000万円をかけて建設した。高校生棋士の藤井聡太七段に続くような棋士の誕生を期待している。【上野宏人】

 将棋会館は木造2階建て延べ約200平方メートル。2階に約40組が一度に対戦できる道場があり、1階には特別な対戦にも使える畳敷きの貴賓室や会議室などを備える。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文572文字)

あわせて読みたい

注目の特集