メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ほとけの言葉と写真展

ほとけの言葉、写真で感じて 日常生活や風景写す 長浜 /滋賀

「ほとけの言葉と写真展」=滋賀県長浜市木之本町の明楽寺で、若本和夫撮影

 仏教の教えから生まれた言葉と写真を組み合わせた企画展「ほとけの言葉と写真展~立ちどまる~」が長浜市木之本町木之本の明楽寺で開かれている。入場無料。14日まで。

 地元のアマチュア女性写真家、高橋登紀子さん▽竹中昌代さん▽居川美保さんの作品30点。3人は子育て中の40代で、長浜市が主催し、写真を通したまちづくりに取り組む「長浜ローカルフォ…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです