メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛・如法寺の毘沙門天立像

実はすごい!!と判明 8世紀、木心乾漆造 奈良博調査 /奈良

奈良時代の木心乾漆造と判明した愛媛県大洲市・如法寺の毘沙門天立像(付属物が外された状態)=大川泰弘撮影

 愛媛県大洲市の如法寺に伝わる毘沙門(びしゃもん)天立像を奈良国立博物館が調べたところ、奈良時代の木心乾漆造だったことがわかった。文化財指定は受けていないが、奈良時代の木心乾漆造はほとんどが国宝か重文で、いずれ指定される可能性が高い。

 奈良博が1日、発表した。主に奈良時代、大寺院の仏像に用いられた手法で、岩田茂樹・上席研究員は「この仕事をして32年になるが、新たな木心乾漆像が見つかるとは思わなかった」と話している。

 木心乾漆造は、木粉などを混ぜて粘土状にした漆を木の骨組みに盛りつけて形成する技法。興福寺北円堂・四…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文536文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです