メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
選挙

知事選 財政逼迫、問われる手腕 県債残高増、歯止めかからず 豪雨・防災対策、高齢化… 告示まで1カ月 /愛媛

知事選告示まで約1カ月となり、投開票に必要な書類の仕分けなど準備が進む=愛媛県庁で、花澤葵撮影

 任期満了に伴う知事選(11月1日告示、18日投開票)の告示まで1カ月を切った。県内では西日本豪雨からの復興や防災対策、人口減少など課題は山積しているが、県財政は逼迫(ひっぱく)している。借金にあたる県債残高は年々増加傾向にあり、2018年度末には1兆417億円にまで膨らむ見込みだ。社会保障関係費の増加が避けられない中、豪雨への対応で厳しさは増し、県民が求める事業をいかに効率よく行うのか、次期知事の手腕が問われる。【花澤葵】

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです