特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

肱川流域の治水早急に 大洲に対策推進室 地方整備局 /愛媛

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
肱川緊急治水対策推進室の看板を掲げる二宮隆久・大洲市長(左)と平井秀輝・四国地方整備局長=愛媛県大洲市中村の国土交通省四国地方整備局大洲河川国道事務所で、中川祐一撮影
肱川緊急治水対策推進室の看板を掲げる二宮隆久・大洲市長(左)と平井秀輝・四国地方整備局長=愛媛県大洲市中村の国土交通省四国地方整備局大洲河川国道事務所で、中川祐一撮影

 西日本豪雨で氾濫した肱川の治水対策を早急に進めるため、国土交通省四国地方整備局は1日、同局大洲河川国道事務所(大洲市中村)に「肱川緊急治水対策推進室」を設置した。2023年度までに中下流域で築堤や暫定堤防のかさ上げなどを進める。

 同事務所で開かれた設置式で同局の平井秀輝局長は「再発を防ぐには(堤防…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集