メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

肱川流域の治水早急に 大洲に対策推進室 地方整備局 /愛媛

肱川緊急治水対策推進室の看板を掲げる二宮隆久・大洲市長(左)と平井秀輝・四国地方整備局長=愛媛県大洲市中村の国土交通省四国地方整備局大洲河川国道事務所で、中川祐一撮影

 西日本豪雨で氾濫した肱川の治水対策を早急に進めるため、国土交通省四国地方整備局は1日、同局大洲河川国道事務所(大洲市中村)に「肱川緊急治水対策推進室」を設置した。2023年度までに中下流域で築堤や暫定堤防のかさ上げなどを進める。

 同事務所で開かれた設置式で同局の平井秀輝局長は「再発を防ぐには(堤防…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです