特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

ノーベル賞

本庶佑氏、新たながん治療に貢献 医学生理学賞5人目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見で笑顔を見せる本庶佑氏=京都市左京区の京都大で1日、川平愛撮影
記者会見で笑顔を見せる本庶佑氏=京都市左京区の京都大で1日、川平愛撮影

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学生理学賞を京都大高等研究院の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授(76)と米テキサス大のジェームズ・アリソン教授(70)の両氏に授与すると発表した。本庶氏は免疫の働きにブレーキをかけるたんぱく質「PD-1」を発見し、このブレーキを取り除くことでがん細胞を攻撃する新しいタイプの「がん免疫療法」を実現した。

 日本の医学生理学賞受賞は、山中伸弥・京都大教授(12年)や大隅良典・東京工業大栄誉教授(16年)らに続き5人目。

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1197文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集