メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NAFTA

米・カナダ新協定合意 米の数量規制容認

 【ワシントン中井正裕】米国とカナダの両政府は9月30日(日本時間10月1日)、北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しで合意したと発表した。米国とメキシコが8月に合意した新協定にカナダも加わり、3カ国間の自由貿易の枠組みが維持されるが、新協定では自動車関税をゼロにする条件が厳格化される上、対米輸出が一定水準を超えた場合、米国が関税を課せる「数量規制」が導入される。北米に進出する日系も含む大手自動車メーカーはサプライチェーン(部品の調達・供給網)見直しなど大きな影響を受けそうだ。

 新協定の名称は「USMCA」(アメリカ・メキシコ・カナダ協定)。交渉を担当した米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とカナダのフリーランド外相は30日深夜、「新たな貿易協定は北米地域に、より自由な市場と公平な貿易、着実な経済成長を提供するだろう」との共同声明を出した。3カ国はメキシコ大統領が交代する12月1日までの署名を目指す。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです