メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

本庶氏ノーベル賞(その2止) 薬価高額化、議論に 広がる免疫療法薬

 本庶氏の「PD-1分子」の発見が生み出した新タイプの抗がん剤「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)は、効果が十分でないと考えられてきたがんの免疫療法への見方を一変させた。一方で、その価格の高さが注目され、増え続ける医療費の抑制策の議論の中で、高額薬問題の象徴となった。

 オプジーボは2014年9月に皮膚がんの一種、悪性黒色腫を対象に発売されたが、患者は少なく、大きな問題にはならなかった。しかし15年12月に患者数の多い肺がんの一部にも使えるようになると、患者1人当たり年間3500万円かかる高額さが学会で取り上げられ、厚生労働省の審議会でも議論されるようになった。

 この結果、オプジーボやC型肝炎治療薬などの高額薬は16~17年に薬価が大幅に引き下げられた。悪性黒…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです