メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

本庶氏ノーベル賞(その2止) 薬価高額化、議論に 広がる免疫療法薬

 本庶氏の「PD-1分子」の発見が生み出した新タイプの抗がん剤「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)は、効果が十分でないと考えられてきたがんの免疫療法への見方を一変させた。一方で、その価格の高さが注目され、増え続ける医療費の抑制策の議論の中で、高額薬問題の象徴となった。

 オプジーボは2014年9月に皮膚がんの一種、悪性黒色腫を対象に発売されたが、患者は少なく、大きな問題にはならなかった。しかし15年12月に患者数の多い肺がんの一部にも使えるようになると、患者1人当たり年間3500万円かかる高額さが学会で取り上げられ、厚生労働省の審議会でも議論されるようになった。

 この結果、オプジーボやC型肝炎治療薬などの高額薬は16~17年に薬価が大幅に引き下げられた。悪性黒…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文725文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです