連載

クローズアップ2018

日々のニュースを深掘りして解説します。

連載一覧

クローズアップ2018

本庶氏ノーベル賞(その1) 免疫のブレーキ役発見 オプジーボの礎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 今年のノーベル医学生理学賞は、免疫の攻撃力を抑えるたんぱく質を発見した本庶佑(ほんじょたすく)・京都大高等研究院特別教授らに決まった。本庶氏が見つけた「PD-1」は画期的ながん免疫療法に結びつき、2013年には米科学誌サイエンスの「ブレークスルー・オブ・ザ・イヤー」のトップに選ばれた。人類にとって最大の脅威となっているがん克服に向け、さらなる研究開発に期待が高まる。【鳥井真平、阿部周一】

 体に備わる免疫機能を利用し、がん細胞を退治する。成功すれば理想的な治療法だ。このため、がん細胞の目印となる「抗原」を体内に投与して攻撃力を高める方法などが試されてきたが、思うような効果は出なかった。

この記事は有料記事です。

残り1897文字(全文2193文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集