特集

第80期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が挑戦する第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段-阿久津主税八段 第13局の5

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

手順を尽くす

 身近なファンから「テレビ対局を見ていると、プロもアマも、大して指し手に違いはないように思えるのだけどな~」というささやきを聞くことがある。

 アマチュアとはいえ有段者ともなれば、ある程度の手筋を操る。プロの指し手に理解や親近感も生まれてこよう。

 しかし、次のステップとして「手筋の効率的な組み合わせの発見」という、膨大な読みの作業が重要になってくる。せっかくの手筋も組み合わせを誤ると効力を発揮しない。本譜の広瀬の指し手を堪能願いたい。最大値のパワーを引き出す手順にほれぼれする。

 図の[後]3六歩に[先]同飛は、[後]1四角[先]6六飛[後]5五銀[先]2六飛[後]3六歩となって後手ペース。手順中[後]5五銀が攻防手。[先]4四歩のたたきに備えて手厚い。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文692文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集