メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 事故前「回復を」 集団訴訟で原告 控訴審初弁論

 東京電力福島第1原発事故時に福島県や隣県に住んでいた約3650人が、現行の賠償制度は不十分として国と東電に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が1日、仙台高裁(市村弘裁判長)であった。原告、被告双方が昨年10月の1審・福島地裁判決を不服として控訴していた。

 同訴訟は、原発事故をめぐる全国約30件の集団訴訟の中で最大の原告数。1審判決は、国と東電が津波を予見できたと認定。自主避難区域や福島県外の…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです