メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飼育ノート

旭山動物園 停電時も穏やかだったシンリンオオカミ

日差しの下、穏やかに休息するシンリンオオカミ。震災時も同様にのんびりと過ごしていた=旭山動物園提供

 9月6日未明、北海道胆振(いぶり)地方を震源とする地震で、道内は全停電に見舞われました。想定外の状況に私たちはあぜんとしました。幸い、旭山動物園が立地する旭川市では大きな被害はなく、水道水も確保することができ、施設や動物への影響もありませんでした。

 地震発生後の6日早朝の時点で、魚類の水槽や卵を人工ふ化させるための装置などは自家発電で維持することができ、電力が復旧次第、開園する体制を整えました。同時に、停電…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです