メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 輝く義足のモデルたち=越智貴雄

「切断ヴィーナスショー」で斬新な義足をはく前川楓さん(左から2人目)らモデルたち

 輝く黄金、発光する円すい、古びたマシンガンなど、多種多様な義足をはいた女性モデルたちがランウエーを彩った。フィナーレには、鳴りやまない拍手とともに、シャッターを切る人たちの大きな人だかりができた。今回で11回目となる「切断ヴィーナスショー」は、9月に愛知県刈谷市で開催された。

 この「切断ヴィーナス」プロジェクトの始まりは6年前。スポーツ義足製作者でパラリンピックに日本代表メカニックとして同行する臼井二美男さん(鉄道弘済会義肢装具サポートセンター)を訪ねると、臼井さんは「義足を隠さなけれ…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです