メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレーボール

女子世界選手権 日本、メキシコ破る

 第3日の1日、横浜市の横浜アリーナなどで1次リーグが行われ、世界ランキング6位の日本は同26位のメキシコにストレート勝ちして2勝1敗となった。長岡望悠(久光製薬)や内瀬戸真実(トヨタ車体)らがサーブで攻め、13本のサービスエースを取った。日本は2日は試合がなく、3日にカメルーンと対戦する。

膝故障乗り越え、長岡最多14得点

 世界ランキングで下回るメキシコ相手に出番の少ない選手を次々と試した。左膝の故障を乗り越えて2年ぶりに主要世界大会に戻ってきた長岡も初先発で最多14得点を挙げ「自分の力だけでは…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです