メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレーボール

女子世界選手権 日本、メキシコ破る

 第3日の1日、横浜市の横浜アリーナなどで1次リーグが行われ、世界ランキング6位の日本は同26位のメキシコにストレート勝ちして2勝1敗となった。長岡望悠(久光製薬)や内瀬戸真実(トヨタ車体)らがサーブで攻め、13本のサービスエースを取った。日本は2日は試合がなく、3日にカメルーンと対戦する。

膝故障乗り越え、長岡最多14得点

 世界ランキングで下回るメキシコ相手に出番の少ない選手を次々と試した。左膝の故障を乗り越えて2年ぶりに主要世界大会に戻ってきた長岡も初先発で最多14得点を挙げ「自分の力だけでは…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです