メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

医学生理学賞に本庶さん 厳しさ胸に闘った がんで失った友、原点

座右の銘を色紙に記した本庶さん=京都市左京区の京都大で1日、川平愛撮影

 画期的な発見から、四半世紀あまり。今年のノーベル医学生理学賞に1日、京都大高等研究院特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)さん(76)が選ばれた。1992年に未知の遺伝子を見つけ、抗がん剤「オプジーボ」の開発につなげた。新たな治療薬が世界各地で患者の命を救い始める中、本庶さんは世界最高の栄誉を喜び、各地から祝福の声が相次いだ。【菅沼舞、岡崎英遠、野口由紀】

 「『元気になった。あなたのおかげだ』と言われる時があると、自分の研究に意味があったと実感し、何よりうれしい」

この記事は有料記事です。

残り2728文字(全文2961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 伊吹元衆院議長「小室圭さんは国民に説明を」 眞子さまとの結婚巡り

  4. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. 看護師80人足りない「多難の船出」 吉村知事肝煎り、大阪コロナ重症センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです