メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

医学生理学賞に本庶さん 厳しさ胸に闘った がんで失った友、原点

座右の銘を色紙に記した本庶さん=京都市左京区の京都大で1日、川平愛撮影

 画期的な発見から、四半世紀あまり。今年のノーベル医学生理学賞に1日、京都大高等研究院特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)さん(76)が選ばれた。1992年に未知の遺伝子を見つけ、抗がん剤「オプジーボ」の開発につなげた。新たな治療薬が世界各地で患者の命を救い始める中、本庶さんは世界最高の栄誉を喜び、各地から祝福の声が相次いだ。【菅沼舞、岡崎英遠、野口由紀】

 「『元気になった。あなたのおかげだ』と言われる時があると、自分の研究に意味があったと実感し、何より…

この記事は有料記事です。

残り2733文字(全文2961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです