メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内閣改造

防衛・岩屋氏 厚労・根本氏 初入閣12人

記者会見後、手を握りあい撮影に応じる自民党の(左から)岸田文雄政調会長、二階俊博幹事長、加藤勝信総務会長、甘利明選対委員長=東京都千代田区の自民党本部で2018年10月2日午前11時19分、和田大典撮影

 第4次安倍改造内閣は2日午後、発足する。初入閣は12人で、安倍政権では第1次内閣を含めて最多。石田真敏元副財務相(66)が総務相、岩屋毅元副外相(61)が防衛相、柴山昌彦自民党筆頭副幹事長(52)が文部科学相にそれぞれ内定した。厚生労働相は再入閣の根本匠元復興相(67)を充てる。安倍晋三首相(64)は自民党総裁選で石破茂元幹事長(61)が善戦したことを踏まえ、石破派の山下貴司法務政務官(53)を法相に抜てきし、党内融和を演出する方針だ。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. EU離脱 「氷の女王」誤算 メイ首相が辞任表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです