メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手

「遠野のにおいする小説を」芥川賞・若竹さん栄誉賞

遠野市民栄誉賞を受賞し、感謝の言葉を述べる若竹千佐子さん=遠野市新町の遠野市民センターで2018年9月30日午後3時1分、藤井朋子撮影

 デビュー作「おらおらでひとりいぐも」で第158回芥川賞を受賞した若竹千佐子さんに9月30日、故郷の岩手県遠野市から市民栄誉賞が贈られた。同市の市民センターであった表彰式には、同著の74歳の主人公「桃子さん」と同世代の姿が目立ち、反響の大きさをうかがわせた。

 本田敏秋市長は「若竹さんは、夢を持とう、…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  2. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. WEB CARTOP 安全性も走行性能もクルマは大幅に進化したのに50年前のまま! 日本の制限速度はなぜ見直されないのか

  5. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです