メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

喜びの朝 本庶さん「幸運な人生」

 がん免疫療法につながるたんぱく質「PD-1」の発見で今年のノーベル医学生理学賞に選ばれた京都大高等研究院の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授(76)は2日午前、京大の百周年時計台記念館(京都市左京区)で、妻滋子さん(75)と共に記者会見した。受賞決定から一夜明け、本庶さんは「落ち着いて考えると、幸運な人生と言わざるを得ない」と改めて喜びをかみしめた。

 夫妻は午前9時ごろ、同記念館にタクシーで到着し、大学関係者らの出迎えを受けた。本庶さんは、20年以上秘書を務める真多(また)かをりさんから花束を手渡され、「ありがとう」と笑顔で応じた。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 真夜中に小学生を追い返した児相 それで子ども守れるのか

  2. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 札幌市で新たに1人新型コロナ感染 70代日本人男性 北海道内18人目

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです