メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

「弱音や愚痴聞かない」半世紀髪を切る理容師

「混沌」と書かれた本庶佑さんの色紙を見る上田浩一さん=2016年10月、宮川佐知子撮影

 本庶佑さんが医学生時代から通った理容室があった。京都市左京区の京都大吉田キャンパスにほど近い「美留軒」。元店主の上田浩一さん(81)は本庶さんについて「優しくて聞き上手。研究者としてだけでなく、人間として素晴らしい人」と話し、ノーベル賞受賞決定をわがことのように喜んだ。

 店は吉田キャンパス近くにあった本庶さんの下宿の近くにあり、上田さんは本庶さんが大学1年の時から半世紀にわたって髪を切ってきた。本庶さんについて「当時から…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです