メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶氏 統率力ある「親分肌」 知人ら祝福

京都大医学部時代の本庶佑さん(右端)=梅田文一さん提供

 「親分肌で、見事な統率力」--。ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった京都大高等研究院特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)さん(76)は、ワインやゴルフの話で同僚をなごませる一方、研究では鋭い指摘で方向性を定め、優秀な弟子を多く育ててきた。受賞決定から一夜明けた2日も、若い頃から本庶さんを知る学生時代の同級生や知人らが祝福し、人柄を語った。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです