沖縄知事選

玉城氏「海兵隊訓練の海外移転、米と交渉」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに応える玉城デニー氏=那覇市で2018年10月1日午後0時28分、徳野仁子撮影
インタビューに応える玉城デニー氏=那覇市で2018年10月1日午後0時28分、徳野仁子撮影

 9月30日投開票の沖縄県知事選で初当選した玉城(たまき)デニー氏(58)は1日、米海兵隊が使用する米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、「米海兵隊の訓練を海外に移転できれば、普天間飛行場や辺野古移設は不要になる」と述べ、在沖米海兵隊の運用のあり方について米政府と交渉するよう日本政府に求める考えを明らかにした。毎日新聞など報道各社のインタビューに答えた。

 玉城氏は、沖縄に集中する米軍基地の大半が米海兵隊の施設であることを念頭に「米海兵隊の陸上部隊や航空部隊が国外に移転しても抑止力に穴は開かない」と主張。日本政府に対し、在沖米海兵隊の訓練をグアムやオーストラリアなど海外に完全に移転するよう米政府と交渉することを求めていく考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文672文字)

あわせて読みたい

注目の特集