メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内閣改造

半数以上が初入閣 総裁選で首相支持派閥に配慮

【上】入閣が固まった顔ぶれ【下】内定した自民執行部

 安倍晋三首相(64)は2日、自民党総裁選での3選を受け、内閣改造・党役員人事を行う。党執行部人事では、首相の信頼が厚い加藤勝信厚生労働相(62)を総務会長に、総裁選で自らの陣営の事務総長を務めた甘利明元経済再生担当相(69)を選対委員長にそれぞれ起用。二階俊博幹事長(79)、岸田文雄政調会長(61)の留任が決まっており、党四役の顔ぶれが固まった。

 閣僚人事では、麻生太郎副総理兼財務相(78)や菅義偉官房長官(69)ら内閣の「土台」と位置付ける重要閣僚を留任させる一方、総裁選で首相を支持した各派閥にも配慮。「入閣待機組」を多く登用し、半数以上が初入閣となった。初入閣は、柴山昌彦党筆頭副幹事長(52)や宮腰光寛首相補佐官(67)らで、根本匠元復興相(67)の再入閣も固まった。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  5. 「ここまでとは」想定外の雨量、河川改修でも浸水 行動計画も効果不明 熊本豪雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです