メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビッグデータ

取引所が始動 旅行業界団体など売り手に

データ取引所のイメージ

 民間企業同士が事業で集めたビッグデータを売買する「データ取引所」が1日、サービスを始めた。データの売り手として、旅行業界の団体など計5社・団体が参加を表明、買い手としてはカード会社や広告会社などが関心を示す。グーグルなど巨大IT企業を抱える米国に比べ日本はデータ活用が遅れていることから、取引所が日本初のデータ交換のプラットフォーム(基盤)として成功するか注目される。

 取引所はインターネット上の専用サイト上に開設され、ベンチャー企業「エブリセンスジャパン」(東京都)…

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1134文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  3. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  4. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです