メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

シリア東部にミサイル発射 銃撃テロの報復

 イラン南西部フゼスタン州アフワズで9月に起きた銃撃テロで、イラン革命防衛隊は1日、犯行に関与した組織のシリア東部にある拠点を同日未明、弾道ミサイル6発で攻撃し、報復を実行したとの声明を発表した。

 イランメディアによると、中距離弾道ミサイル「ゾルファガール」などが西部ケルマンシャー州から発射され、イラク領空を通過し着弾。攻撃には無人機7機も加わった。革命防衛隊は標的を「イスラム教スンニ派武装勢力の拠点」とし、指導者ら多数を殺傷したと主張、報復攻撃を続ける用意があると警告した。

 テロでは、フゼスタン州に多いスンニ派アラブ系住民の分離独立を目指す反体制組織が犯行声明を出した。革…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文631文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです