東大

スカイツリーで「相対性理論」の証明実験

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
開発した光格子時計と香取秀俊教授=埼玉県和光市広沢の理化学研究所で、荒木涼子撮影
開発した光格子時計と香取秀俊教授=埼玉県和光市広沢の理化学研究所で、荒木涼子撮影

 重力の大小で時間の進み方が異なるという物理学者アインシュタインの一般相対性理論を証明する実験を、東京大の香取秀俊教授(量子エレクトロニクス)らの研究チームが東京スカイツリー(東京都墨田区)で行う。香取教授が開発した高性能の時計を2日夜に地上450メートルの展望台と1階会議室に設置し、微調整した上で今月中旬以降に実施する。

 地球の重力は中心から離れるほど小さくなるため、高い場所ほど重力が小さくなり、時間の進み方がわずかに速くなるとされる。相対性理論を基にした計算では、450メートル差があると1日4ナノ(ナノは10億分の1)秒の差が出るという。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文565文字)

あわせて読みたい

注目の特集